子ども向けのマウスピース型矯正歯科装置って?

初めて矯正を受ける方にマウスピース型矯正装置についてご紹介します。

どんな装置?

マウスピース型の装置です。

針金などの機械的な力を使うのではなく、自分の唇の力を利用し(機能訓練矯正)・受け口、出っ歯の治療に使用するマウスピース型 の矯正装置のことです。就寝時のみの使用で治療効果が期待出来ます。

反対咬合は早い時期からのアプローチが可能になり3歳児からの治療が可能になりました。出っ歯の治療は6歳から可能となります。

マウスピース型矯正装置

メリット

  • 受け口、出っ歯の改善 舌圧、口唇圧、頬筋圧のバランスの改善
  • 普段ある舌の位置が不正咬合に影響がある場合、正しい位置に誘導。発音の改善(発音教室に行かれている場合はより効果が得られます。)
  • 就寝時のみの使用で治療効果が期待出来ます。3歳くらいの早い時期から治療が始められます。

デメリット

毎日つけての使用ですので本人が積極的に使用しなければ、効果が出にくいこと。

通常は永久歯が生えそろった後で本格矯正治療が必要となります。(ワイヤー矯正又は大人のマウスピース型矯正歯科装置)。その場合、この装置を使用したお子さんは、矯正治療 がスムーズに進みやすく、治療が早く終わったりなど、良い効果が期待できます。

子どものマウスピース矯正

今井矯正歯科クリニックの子ども向けマウスピース矯正

矯正歯科専門の当クリニックでは、歯並びの状況、年齢、あごの発育状況、痛みの敏感さ、生活スタイルなどを踏まえて、お子さま一人ひとりによりそった矯正装置を使用する治療を行なっております。より詳しい内容は子どものマウスピース矯正についての専用ページをどうぞご覧ください。

お子様の矯正治療のことは、矯正歯科専門がいる当クリニックにおまかせください!